a0006_001807

冷え性が病気の原因に?

冷え性は、体が冷えるだけのもの。
こんな風に思っている人は少なくありません。

しかし、本当に冷え性は、体が冷えるだけのものなのでしょうか?

意外なことかもしれませんが、冷え性が原因で病気になることもあります。
冷え性は、体が冷えるだけのものではないのです。

たとえば、冷え性が原因で「動脈硬化」「アレルギー性疾患」「子宮筋腫」「子宮内膜症」などになることがあります。
こうしたことを考えると、たかが冷え性と言って放置することは出来ないでしょう。

手や足が冷えているだけだから。
こんな風に考えて、冷え性を放置しているなら、病気の原因になる前に改善することが大切です。

しかし、冷え性の原因がわからなければ、冷え性を改善することは出来ません。
そこで、これから冷え性の原因についてお話したいと思います。

血行が悪いと冷え性になる?

冷え性の原因の一つに「血行不良」があります。
血行が悪くなると、体が冷えることがあるのです。

では、どうして血行が悪くなると、冷え性になることがあるのでしょうか?

血行というのは、血液の流れのことです。
ですから、「血行が悪くなる=血液の流れが悪くなる」ということになります。

血液には熱を運ぶという役割があるのですが、血行が悪くなると、熱が体の隅々まで行き渡らなくなるのです。
熱が届かなければ体は温まりませんから、体が冷えてしまいます。

ここで気になるのは、血行が悪くなる理由です。
どうして、血液の流れが悪くなってしまうことがあるのでしょうか?

これには、いろいろな理由があります。
たとえば、ドロドロ血液です。

血液はドロドロになると、流れにくくなるので、血行が悪くなることがあるのです。
この他にも、ストレスや運動不足が原因になることがあります。

血行を良くしよう

冷え性の原因になる血行不良にならないためには、血液の流れを良くすることが大切です。
では、どうすれば、血液の流れを良くして、血行を良くすることが出来るのでしょうか?

血行を良くするポイントは、「サラサラ血液」「温める」「運動」です。
血液は、甘いものや油っこいものを食べ過ぎるとドロドロになります。

アルコールの飲み過ぎも、血液がドロドロになる原因です。
反対に、青魚や野菜は血液をサラサラにしてくれます。

体の中を温めることも、血行を良くすることに繋がります。

半身浴をして体を芯まで温めたり、お腹を冷やさないタイプの下着を
着用することで、血行を良くすることが出来ます。

軽い運動も血行を良くする効果がありますから、
ウォーキングやストレッチなど無理のない範囲の運動をしましょう。